横浜 デリヘル

帷子川は横浜の人気観光スポットだと思っていました!

TEL:045-260-5960

トップ > 帷子川

帷子川

帷子川(かたびらがわ)という川を知っていますか?
帷子川は、横浜市を流れる川です。最後は横浜港に流れて行きます。全長17キロの長さです。
旭区の若葉台付近が、水源となっています。

帷子川って、変わった名前ですよね。はじめて見る人は、読めない漢字かもしれません。
あなたも友達に、この漢字を見せてみてください。「かたびらがわ」と読めるでしょうか!?
この帷子川は、川の片側が田畑であったことから、「かたひら」と呼ばれ、「かたびらかわ」という名前になったという話があります。
歴史がある川ということですね。なんでも江戸時代から「帷子川」と言われていたとか。
江戸時代、この帷子川は、水運の拠点でした。なんでも、帷子川の河口に船が着くところがあって、商人が、船を使って、薪や炭などを、江戸に向けて運んでいたと言われています。
帷子川に歴史ありということですね。
また、明治時代には、この帷子川周辺には、染色工場が密集していたとか。背景には、明治時代、絹のスカーフがたくさん輸出されていたということがあるようです。
うーん、ますます帷子川に歴史あり、ですね。
染色工場。染めものの過程で、余分な染料などを落とす必要があるそうですが、帷子川の、川の流れを使って、落としていたそうで、帷子川の色がその染料に染まっていた(七色になっていた)という昔話もあるようです。
少し話題からはずれますが、昔、北九州の工業地帯でも、煙突から七色の煙が出ていたとかいう話もありましたね。
北九州にも歴史あり!?

さて、この帷子川ですが、昔は、たびたび氾濫していたと言います。
今は、整備されて、治水が進んだことによって、激しい氾濫は起こらなくなったようです。
昔は、「暴れ川」と呼ばれていたとか。
やっぱり帷子川に歴史ありということですね。 そういえば、この帷子川には、タマちゃんが来たことでも話題になったようですね。
タマちゃんと言えば、多摩川に現れた、アゴヒゲアザラシのこと。調べてみると、タマちゃんが現れたのって、2002年。
ということは、もう10年以上前のことになるんですね。そんなに昔のことなのか!ときが経つのって早いですね。タマちゃん音頭をはじめとした、タマちゃんの歌も歌われたり、タマちゃんフィーバーは激しかったですね。
特別住民票が発行されたりもしましたよね。
そんなタマちゃん、帷子川にも現れていたんですね。どうやって泳いでいったんだろう。
タマちゃん・・・今頃どうしているかしら?


18歳以上入室

当サイトはデリヘル、風俗情報などアダルトコンテンツを掲載しているサイトです。

18歳未満、高校生の方の閲覧を禁じます。